• トップページ
  • ACTECの概要
  • 事業内容
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

自主研究

 CIMを活用した施工計画に関する自主研究

 国土交通省では、ICTを駆使した一連の建設生産システムの改善・効率化により、公共事業の安全・品質確保や性能の向上、トータルコストの縮減を図るCIM(Construction Information Modeling/Management)について、その構築と導入に向けた検討と試行を2012年度より進めています。
 先端建設技術センターでは、その一翼を担うCIM技術検討会の活動に参画し検討を行うとともに、CIMに関係する多くの方々との勉強会や意見交換等を行っています。
 また、当センターの実業務においてもCIMを実践(CIMの取り組みへリンク)するとともに、低価格の個人用機種が普及してきている3Dプリンタを導入し、その操作性・汎用性や3D模型作成の効果、模型作成のための3Dモデルのあり方等について研究しています。

図-1 3D プリンタ出力用のSTL データ(アイオン)

写真-1 3D プリンタ

写真-2 出力した3D モデル

トップページ > 自主研究【CIM を活用した施工計画に関する自主研究】