• トップページ
  • ACTECの概要
  • 事業内容
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

自主研究

 先端建設技術AI研究会

 1.趣旨
   より良質なインフラに係る、調査、計画、設計、施工、運用及び維持管理の各段階における、AI(人工知能)
   の活用・普及について研究する
 2.活動内容
   AI動向の調査・分析
   インフラに係るAI活用の効果、課題及び今後の展開の可能性の調査・分析活用・普及方策検討
 3.体制
   先端建設技術センターの組織横断的な体制
   今後、各課題の研究内容に応じて、当センター外の有識者等の参画を予定
活動実績
  • ◆第3回 2018年5月22日(火)
     アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカーであるNVIDIAより、井崎武士氏、斉藤道雄氏を招いて、ディープラーニング勉強会を開催しました。
     AI(人工知能)の歴史、機械学習、深層学習、学習モデルとデータセット、AIと深層学習の未来について講演頂き、建設分野への適用可能性について活発な意見交換を行いました。
     今回は、Premium所内研修会と同時開催とし、約40名の参加がありました。


  • ◆第2回 2018年3月15日(木)
     来年度政府予算の分析、建設分野における最新の動向に関する意見・情報交換を行いました。
  •   
  • ◆第1回 2018年2月16日(金)キックオフミーティング
     建設分野におけるAIの活用事例について、収集、分析しました。

普及活動

◆「第2回 インフラ点検ロボット・AIに関する日米の動向調査報告会」の開催


  開催:2018年8月8日(水)15:00~17:15 於:機械振興会館内ホール
  「第2回 インフラ点検ロボット・AIに関する日米の動向調査報告会」開催報告

【プログラム】
・ロボット・AIを活用した維持管理の高度化に向けて(米国調査の目的)
・米国調査報告(テーマ別)
 1)点検ドローンの自律飛行技術の最新動向について(対象:Near Earth Autonomy/Prenav)
 2)3Dモデリング技術の最新動向について(対象:Carnegie Mellon University)
 3)点検写真の3D納品ソリューションの最新動向について(対象:Autodesk/University of Illinois)
 4)画像処理AI技術の利活用動向について(対象:Google/NVIDIA/SMARTVID)
 5)革新的な点検ロボット要素技術の研究開発動向について(対象:SRI Internationalの各技術)
 6)インフラ分野における革新的技術のインキュベーションについて(対象:SRI Internationalのビジネスモデル)
  ※講演者の了解が得られた原稿のみ公開しています

◆「第1回 インフラ点検ロボット・AIに関する日米の動向調査報告会」の開催


  開催:2018年3月19日(月)13:00~15:30 於:中央大学 駿河台記念館


当日の会場の様子


【プログラム】
 社会インフラ用ロボット情報一元化システムの構築について
 
 米国イリノイ大学におけるUAVを活用した3次元モデリング手法の開発
 
 米国インフラ点検ロボット・AIに関する動向にかかるパネルディスカッション
  米国におけるインフラ点検ロボット・AIに冠する動向調査2017 報告書(簡易版)
   1)橋梁点検 UAV(自律飛行技術)、損傷動検出に関する情報
   2)点検結果の 3次元モデリング技術に関する情報
   3)先進的な AIアプリケーションの開発者と意見交換
   4)深層学習を実現する GPU、エッジコンピューティグに関する先進事例
   5)AIロボット関連技術のインキュベーショ事例
 
 今後の取り組み方針~調査結果を踏まえ新たな取り組み~

トップページ > 自主研究【CIM を活用した施工計画に関する自主研究】