審査証明技術の紹介

 ボンテラン工法(高含水汚泥等リサイクル工法)

審査証明書

WIB工法(振動対策工法)

※証明書の画像をクリックすると拡大表示が行えます

ここに紹介する内容は、審査証明委員会で審査された「開発目標」に関する事項の他、この技術に関する理解を深めるために、当センターにおいて開発者からの提供資料、ヒヤリングに基づきとりまとめたものです。

【ボンテラン工法(高含水汚泥等リサイクル工法)】担当者

2203
(株)森環境技術研究所
担当者:森 雅人
〒996-0071  山形県新庄市小田島町7-36
TEL:0233(22)0832  FAX:0233(22)0932

1.技術の概要

ボンテラン工法は、含水比の高い建設汚泥などに繊維物質(古紙破砕物)と、水分を固定する水溶性ポリマーを混合攪拌することにより、改良直後に普通のダンプトラックで運搬可能な状態にすることが出来る「高含水比建設汚泥等リサイクル工法」である。改良した土は、優れた強度特性、高い耐久性を有しており、盛土・埋め戻し材、保水性が必要な緑化基盤材、屋上緑化用の軽量土壌としてリサイクル可能である。


①原泥の状態(高含水比状態)
②古紙破砕物を添加・混合
③水溶性ポリマーを添加・混合
④団粒固化(即時運搬可能)

2.技術の特徴

(工法の特長)
  • 1. 水溶性ポリマーの効果により高含水比汚泥(許容含水比500%)を団粒化し、即時運搬を可能とする。
  • 2. バックホウに汎用の撹拌用アタッチメントを装着するだけで、特殊な装置は不要である。
  • 3. 1サイクル30分程度で、改良が完了する。
  • 4. 脱水プラントを必要としない。

(改良土の特長)
○ 盛土・埋戻し材
  • 1.ボンテラン改良土は優れた強度特性を有し、乾湿繰返し・凍結融解に対する高耐久性 改良土として
      再利用可能である(寒冷地での適用可能)。
  • 2.ボンテラン改良土は軽量性に優れ、軟弱地盤上や地すべり地帯での路床、路体、造成盛土等に有効である。
○ 緑化基盤材択
  • 1.簡易設計法 (設計事例のデータベースにより設計)
  • 2.浄水汚泥をボンテラン改良することで、特に優れた保水性、軽量性を有し屋上緑化用軽量土壌に最適である。

強度特性
ボンテラン改良土は固化処理土と比べて、一軸圧縮強さ・破壊ひずみが大きく、大きな変形に耐えて相応な強さが粘り強く地震対策用地盤材料として利用が可能です。


高耐久性
乾湿燥繰返し試験の結果、固化処理土は供試体に亀裂が発生して崩壊するが、ボンテラン改良土は極めて高い耐久性をしめすことが確認された。

技術の実施事例

実施例(1)
工事名 仙台東部共同溝工事
発注者 国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所
場 所 宮城県仙台市
施工時期 平成15年10月~平成15年12月
工事概要 現場は仙台駅に近接した市街地であり、狭い敷地からの建設汚泥の即時運搬が必要条件であった。発進立坑の建設に伴う連続地中壁工法から発生する自硬性汚泥730m3を、ボンテラン工法により改良した。改良直後に普通のダンプトラックにて即時運搬可能な状態まで改良し、国土交通省東北地方整備局発注の仙台バイパス拡幅工事の盛土材にリサイクルした。
工事写真
実施例(2)
工事名 一日市地区他築堤工事
発注者 国土交通省近畿地方整備局 豊岡河川国道事務所
施工時期 平成20年7月29日~平成22年3月10日
改良土量 17,000m3
工事概要 平成16年10月、豊岡市一日市・宮島地区では、台風23号の豪雨の影響により円山川の堤防が欠損 し、水害を受けた。これに対し円山川では、平成16年度から激甚災害対策特別緊急事業を実施し、 集中的に河川改修を行っている。今回、ボンテラン工法が採用された「一日市地区他築堤工事」の 築堤箇所は軟弱地盤であったため、嵩上盛土や腹付盛土を行う際、CDM工法による地盤改良が 計画された。当初設計では、同工法から発生する泥土は運搬可能な最小限の改良を行い、現場 から30km離れた残土受入れ施設に逆有償処理される計画だったが、ダンプトラックによる泥土運搬に伴い発生するCO2の発生抑制や交通渋滞を緩和するため、施工者側がボンテラン工法を提案・協議し、本工法が採用された。
工事写真
現場全景(施工前)
改良状況全景
完  成
実施例(3)
工事名 平成16年度 六郎沢山地区道路改良工事
発注者 国土交通省東北地方整備局 山形河川国道事務所
場 所 山形県最上郡金山町
施工時期 平成17年9月~平成17年12月
工事概要 再資源化施設にて改良したボンテラン土(写真 一番上)は緑化基盤材として販売している。高規格道路改良に伴う切土法面等で発生した建設発生木材をチップ化し、ボンテラン土と混合することで厚層基材吹付けを行った。再利用が難しい生チップをリサイクルし、良好な生育を確認した。
工事写真